SkyrimVRプレイ記

いまさらながら先月PS4を買った。

これまでゲームはほとんどPCでやっていたのだが日本製のゲームだと

STEAMで売っていないor売っているけど日本語だけ対応していない

という事があったり

FF7リメイク、バイオ2リメイクなど懐かしいソフトのリメイク版が出たり

やっぱりドラクエ11もやりたいし

ってな事で買った。

 

で、7月中はほとんどドラクエ11をプレイしていたのだが、

その間、せっかくPS4を買ったんだから……とPSVRに興味が湧きはじめ、

更に現実逃避したい事があったりなんかして……

PSVR

勢いで買ってしまいました。

もちろんモーションコントローラーも二つ。

 

説明書を読みながらセッティングして、いざ起動。

 

おおー!VR用のスタート画面だ。

とりあえずニューゲームを選択して開始。

毎度お馴染みのオープニング画面だが、さすがVR。

本当にレイロフが目の前にいるようです。

 

ここでリアルに首を回して後ろを振り向くと……

ウルフリックいたーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

 

当たり前だけどコントローラーを操作しなくても首を回すだけで視界が変わるので

本当にスカイリムの世界に入ったんだな、と感激。

すごい、すごいぞVR。

 

ただし、残念なことに画面はぶっちゃけ粗いです。

スクリーンショットはTVモニターに映っているものが元なんだろうけど

実際にVRヘッドセットをつけて見える画像はこんな感じです。

Photoshopで加工した画像なので再現度100%というワケではないですが、

まあだいたいこんなもんです。結構粗いです。

しかし、そんな画質もVRの臨場感の素晴らしさで大して気にならなかったりする。

 

で、キャラメイクへ。

VRでは自分の顔はここ以外で見ることはないので適当に。

前述したように実際に見る画像はもっと粗いので、目の色とか設定してもほとんど判別できません。

 

そしてドラゴンが襲ってきて

砦の中へ。

 

ここまではモーションコントローラ―が充電中だったこともあって

通常のコントローラーで操作しました。

 

で、チュートリアル的なこの場所を利用して、モーションコントローラ―の練習をした。

(そして色々な設定をしているうちに、めちゃくちゃ酔った)

 

【ここまでプレイしてみた感想】

  • 通常のコントローラーでも十分遊べるが、モーションコントローラ―2本の方が武器の動かし方(剣や盾、弓)がリアルで臨場感が増す。
  • ただし2本充電するのは大変なので、別途充電器付きのPS4用スタンドとかを用意した方が良いと思う。
  • コントローラーの酔いやすい設定、酔いにくい設定等はグーグルで検索すれば色々調べられるが、個人的には多少酔ってもワープ移動より自由移動をお勧めする。
  • モーションコントローラーには十字キーがないので、買い物とか会話とか選択肢を選ばないといけない場面が面倒。錬金とか鍛冶の時は通常のコントローラーの方がいいかも。

 

 

あとこれはPSVR本体の感想だけど、個人的にシネマティックモードはイマイチでした。3DとかVR専用画像ならいいけど、普通の動画をシネマティックモードで見ても解像度が悪くなるので、もともと画質の良くない古い映画とかアニメを見るのでなければ、大きいテレビで見たほうがまだマシかなと思います。

 

【追記】

本文をまとめると、思ってたより解像度が良くなくて「うーん?」となった部分があったけど、それ以上にリアルなスカイリムの世界を体験できて「おおおー!!」と感動したのも事実です。あと、モーションコントローラー2本に加えて充電器付きスタンドも買っちゃったので、出費がかさんでしまいました。VRとソフト、コントローラーに充電器で5万オーバー、まあ6万弱。中古やセール品ならもっと安く済むとは思います。個人的に今現在趣味に使うお金に自由が利くのと、資金(お小遣いというか自由に使えるお金※自分で稼いだお金)に余裕があったので、衝動買いしてしまったことに全く後悔はありません。ただ、VRでやりたいソフトがSkyrimしか無かったらどうするのか?というような場合、どうだったのだろうと考え、一つの例えを思い付きました。

 

SkyrimVRやりたいけど、それだけのために出費するのはどうかと思っている際の考え方の一つとして。

 

世界のどこか(というか現実的にはアメリカ)で(ディ〇ニーランドみたいに)ベセスダランドが出来たとしましょう、そこでリアルにスカイリムの世界を体感できるアトラクションがあったら……あなたは行きますか?

予算はどうなるだろう?アメリカまでの旅費と、入場料、場合によってはアトラクションの費用。もし日本から行ったらどんなに安く済ませても……5万以上はかかるよね?(飛行機代がタダとか超格安とかそういう特殊なケースは除く)

もしくは……ベセスダランドが仮に日本で限定オープンするにしても、場所はきっと東京か大阪などの大都市近郊。

そこへ行くとして、やっぱり旅費や入場料とか考えると…………
そう考えると、6万弱で、しかも自宅でいつでも好きな時間にスカイリムの世界を好きなように体感できるって
めっちゃお得じゃね???
この考え方って偏っているとは思うけど、それほど間違っちゃいないとも思うんだ。
ちなみにこのブログは広告もなにも貼ってないから、アフィ目的でこんなこと言ってるんじゃないよ。
本当に本心から思った事勝手に言ってるだけだよ。
ただ一つ主張したいだけなんだ、それは……。
Skyrimが好きならVRは買って損はないよ!!

インターネット老人会

久々にジャンルごちゃまぜの個人サイトでも立ち上げようかなーと思ったけど、ぶっちゃけ今のところブログで十分なのでしばらく保留。ところで個人サイトといえば、もう最近じゃすっかり減ってしまいましたね。SNSとか無料サービスが充実しちゃったから仕方ないのかもしれない。かつて個人サイトで定番だったもので、今は消えてしまったものを挙げてみても……

 

カウンター ⇒ アクセス解析があれば不要。

BBS(掲示板)、チャット ⇒ ブログのコメント欄やTwitter、LINEその他

リンク集 ⇒ SNS全般へ

日記 ⇒ ブログへ

ギャラリー ⇒ イラストはpixiv、写真はインスタグラムなど

 

と、こんな感じでどんどん代替されているので、わざわざ自分でスペース借りてサイトを作るケースって本当に少なくなっているんだなあと思った。(アフィ目的のサイトやブログを除く)かつてはこれらのコンテンツを作るためにCGIの使えるサーバーを選んだり、いろんなフリーCGIサイトを探したりしたものなのだが、それを提供するところもすっかり減ってしまい、インターネット老人の自分はノスタルジーを感じるのであった。


ダイヤモンドシティの子供たち

前々回の記事でシゲマツさんのFallout4本に4コマ漫画を描かせて頂いたと書いたが、その中にダイヤモンドシティの子供たちを登場させたので、資料としてスクリーンショットを撮りまくって参考画を描いてみた。

 

子供たち

左から(似てないけど)エリン・レイシュ、フィル・ウォレス、シェン・カウォルスキー。

色は適当に塗ったので色の統一感ナシ。

マイナー過ぎる登場人物なので、ここに上げるしかないという本当にしょうもないラクガキです。

しかも実際に描いた漫画では4コマで枠が小さいため、服装など大幅に省略してたりします。

スクショまで撮ったのは一体なんだったのだ……。


Fallout4 建築

fallout4は600時間くらいやったけど、たぶんその半分くらいの時間は建築に費やした。

と言っても、性格上ごちゃごちゃした街並みを作るのが苦手なので、ほとんどがただの豆腐建築。

 

最初のプレイでサンクチュアリに作ったモールのようなもの。

サンクチュアリ

 

まさに、ザ・豆腐といった建物。

それでもお店の看板が天井を突き破るのが嫌で、色々工夫してみたりもしたのよ。

 

ちなみに雑貨屋にはVault-Tecのあのスタッフを配置させました。

ボルトテックのアイツ

 

 

スロッグも名ありNPCのグール達を死なせないように周りをタレットで囲んでこの有様。

スロッグ

せっかくプールがあるのに、まるで活用してません。

 

fallout関連のブログや動画を見ると、九龍城みたいな雰囲気の居住地や巨大建造物などセンスのいい建築をする人が沢山いて、「ああー自分にはセンスがないなあ」と凹んでみたり。その中で自分でも真似できそうだったのが、オバーランド駅を本当の駅のようにするというもの。

 

オバーランド駅

モロパクですね。今はオペレーターズに支配されてます。

 

ちなみにMODは一切使用しませんでした。

というかこんなセンスでMOD使ってもたかが知れてます。

 

fallout76が日本語環境で無事プレイできるかどうかまだわからないけど、建築だけは誰かに任せたいなあ……。


タカハシのヌードルショップ

過去に学怖のファンゲームを作った時、立ち絵を描いて頂いたシゲマツさんがfallout4本を出すことになり、私も4コマ漫画を4P描かせていただきました。

https://twitter.com/sgm2_g/status/1007970573392084992

漫画なんか描くのはン十年ぶりでデジタルのモノクロ原稿を描くのは初めてだったのですが、とても良い経験になりました。他にも何かネタがあれば漫画を描いてみたいなーと思うのですが、なかなか思うように時間がとれません。でもせっかく久しぶりにモノつくりをしたので、ラクガキでも雑記でもいいからせめてブログをもう少し頻繁に更新したいと思う次第であります。

 

漫画の最初にタカハシのイラストを描いたついでに、ネタ絵を描いてみた。

(元ネタは見ればわかるけどラーメンショップ)

原寸、というか高画質版はそのうちどこかに上げます。

 

※クリックで拡大

 

fallout4関連の雑記は次回もまだ書くよー。

 


近況

すっかり更新してませんでしたけど、他のゲームを色々やってました。

いま大体こんな感じ。

 

Fallout3はMOD使って日本語化しているからSTEAMだとプレイ時間反映しないけどクリア済です。

スカイリムはソルスセイムまで行ったところまで進めたけど中断中。

落ち着いたらまたやるよ。

 

次回からはこれらのゲームのラクガキとかスクショとか載せる予定。


Skyrim再プレイ記・その5

マジカコスト0のおかげで魔法打ち放題になったので、クエストをサクサク進めています。

 

んで、そろそろ魔法使いっぽいコスチュームにでも変えてみるかと

MODを探してみたところ……。

 

 

 

お、これいいじゃないか。

 

早速導入。

 

しかし……

 

 

 

……、なんか、このキャラだとただの露出狂というかなんというか……

ダンジョンやフィールドならともかく、これで街中歩くのは恥ずかしいぞ、みたいな。

 

もっと、胸が大きくてメリハリのある体型ならカッコいいのだろうけど

私の作ったキャラだとイマイチ似合わなかったので結局元の服に戻しちゃいました。

 

それと、実はもうドーンガードクエストクリアしちゃったので

従者もセラーナさんから他の人にチェンジすることにした。

 

セラーナさんは強いし不死だからなかなか役に立つのだけれど

死霊術であっちこっちの死体を使っては灰にさせちゃうので時々困るのよ。

(特定種族の血を取るクエストの時とか自分で死霊術を使いたい時とか)

 

鶏まで蘇らせちゃったことがあったけど、役に立たないだろうがーー!

 

で、同じく不死の女従者、ムジョルさんを連れて行くことにしました。

 

ちなみに現在レベル50。破壊魔法はすでにスキル100。

そろそろメインクエストでもやろうかと思ったが、せっかくなので

他の魔法スキルも極めてからにしようと企んでいる。

 

つづく

 


Skyrim再プレイ記・その4

前回でコスナッチさんを従者にしてみたけど、やっぱり不死の従者が欲しいのと

レベルも10を超え、吸血鬼の襲撃がウザくなってきたので、大学クエストよりも

先にドーンガードクエストを進めることにした。

 

アグミルさんを追いかけてドーンガード砦に。

そしてクエストを進め、ディムホロウ墓地へ。

 

セラーナさんと対面。

 

 

割とメジャーな美化MOD入れたんだけど

セラーナさんと言えば、どうしてもあの妙な髪型をイメージしてしまうので

なんか別人くさいというかなんというか。

 

 

まあ美人ではあるんだけど。

 

というわけで、コスナッチさんとはここでお別れして、以後はセラーナさんと

ドーンガードクエストを進めていくことにしました。

 

そして魔術師プレイをある程度進めたところで気付いたことが……。

 

吸血鬼の襲撃でウザいのは、とっとと仕留めないと街のNPCを死なせてしまったり

攻撃先を間違えて住民を敵対化させてしまうことだったりするんだけど

 

クエストを進めてから得られるこれ系の魔法を使えば、吸血鬼だけに攻撃できるので

誤爆を防げるんだよね。(セラーナさん不死だし)

 

それからもう一つ。

今回、装備というか服はなるべく見た目重視でやろうとしているのだが

そうなると防御力がイマイチになったりするので、付呪スキルを上げて

服に色々な効果を乗っけようと思ったんだ。

 

で、とりあえずよく使用する破壊魔法のマジカコストを減らそうと試みた。

 

 

これ以外にも同じ効果を指輪とサークレットにもエンチャント。

 

装備すると……

 

 

え……?

 

 

ゼ、ゼロ……!?

 

・・・・・・

 

 

これじゃあ、レベルアップの時にマジカ上げたの無駄だったじゃないかーーーーー!

 

前にプレイしたときは魔法なんてほとんど使わなかったので、

こんな風に使用コストをゼロにできるなんて全然気が付かなかったよ。

(錬金とか鍛造の時は、それ専用の服を作って能力アップさせたりとかはしてたけど)

 

これで一気にヌルゲー化する予感。(つづく)


Skyrim再プレイ記・その3

とりあえず魔法使いプレイをしようと思ったものの、まだ低レベルで

マジカも低いし単独でクエストをこなすのには不安があったので

しばらくファエンダルさんを従者にしていたんだけど……

 

 

魔法プレイだと巻き添え死が怖いので、途中で従者を変えることにした。

 

選んだのはホワイトランにいる不滅のウスガルド。

 

 

実は前にプレイした時、ウスガルドさんはボエシアの生贄用として

雇っただけだったので今回はもうちょっと活躍してもらおうかなーと画策。

しかし……

 

 

 

あっさり巻き添え死させてしまいました。

 

次に雇ったのはマルカルスにいたコスナッチ。

ウスガルドさんと同じく殴り合いをして従者に。

 

 

装備が心もとない感じだったので、さっきお亡くなりになった

ウスガルドさんの防具を着せてみたよ。

 

 

ついでに自分のキャラもお着替え。

MOD探す時間がなかったので、前に導入した衣装をしばらく使用することにした。

 

 

画像が多くなってきたので次回へ続く


セラーナさん

ダルさんに引き続きSkyrimキャラでセラーナさん。

 

 

本当は全身絵を描く前の練習絵として描いていたのだけれど、

思っていたより服とかの装飾が難しくて時間かかってしまった(;´Д`)

 

全身絵もラフまでは描いたが、描き上げる自信ナシ(>_<)



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others